自分にご褒美でやる気UP

こんにちは。

イーグル学院です。

 

金曜日の夜って疲れが溜まっていて、なかなか集中できませんね。

自分にご褒美でやる気UP!作戦。

これは賛否両論あるやり方なのですが、私個人としてはアリかなと。

 

例えば

「この問題が解けたら、チョコレートを食べる!」

と決めて問題に取り組む。

 

正解したらチョコレートを報酬として食べ、

不正解の場合は次の問題に持ち越して再チャレンジする。

 

中学3年生のように「受験勉強をしなければ!」という意識の無い中学1年生や2年生はモチベーションを上げるのが中々難しいですね。

 

そんな時に、この方法は良いかもしれません。

ご褒美作戦のデメリット

自分にご褒美でやる気UP作戦にはデメリットがあります。

 

1つ目は、「ご褒美が無いとやる気が起きない」という、本来の「勉強ができるようになる」という目的からズレてしまう場合です。

 

1番の報酬は「自分の知識がつくことである」という事を考えなければなりませんね。

 

2つ目は、ご褒美ばかりになってしまうことです。

 

先程の例はチョコレートでしたが、「10分ゲームする」のようなご褒美にした場合は困ったことになります。。

 

ゲームが10分で終わるわけがないんです(^_^;)

 

「宿題が全部終わったらゲームをやる」など、報酬とのバランスを上手にとらなければなりません。

 

モチベーションを上げらないときは、ご褒美作戦。

 

試してみてはどうでしょうか?

 

それではこのへんで。

3月から新中1講座はじまります!


新中1スタート講座を特別価格(9,800円)で行います! 特別価格には教材費を含みます!

新中1講座の詳細はコチラ