授業へのご参加にあたって(感染症対策)

授業へのご参加にあたって(感染症対策)2021年9月更新

学校休業期間に伴い、教室での対面授業とオンライン授業を選べるようにしております。
(2021年9月2日~8日の授業)

通塾にあたり以下をご確認の上、必要に応じてご対応ください。

①塾内では必ずマスクをご着用ください。不織布のものを推奨いたしますが、洗って再使用できる布製で構いません。申し訳ありませんが塾では生徒用マスクを用意しておりません。マスクを忘れた場合お家に取りに帰っていただく場合があります。

②塾に入る際は手指の消毒をお願いいたします。入り口付近に消毒液を設置しています。塾内の消毒は事前に済ませ、1時間ごとに換気します。

③お互いに距離が取れるように座席はなるべく離していますが、休憩中などもお互いに距離をとるようにしましょう。会話はなるべく控えてください。講師への質問は受け付けますが、学習の内容や進路相談など必要なものに限ります。

④家を出る前に熱を測り、正常でない高さと判断される場合は念のためお休みください。

⑤生徒本人あるいは身近な方が感染者・濃厚接触者に該当する場合は安久津・増永・中村宛にご相談ください。プライバシーは厳守します。通塾は一旦停止しますが再開は医療機関などの指示で決定いたします。

⑥ご家庭でも塾内でも手洗いをしましょう。

⑦通塾にあたってはご家庭の判断を優先いたします。不安が残る方はご相談ください。なるべく休塾しないで済むよう方策を考えたいと思います。

授業の実施について

我々はお子様の安全と学習の両立を考えて行動しております。日々の感染者数と市内の様子を見て教室での授業休止・再開やオンライン授業の実施を判断しています。教室での感染・オンラインでの距離感、どちらにしても不安を感じる方はいらっしゃると思いますが、当塾は地域の情報や状況を見て小回りの利く対応をしておりますのでご信頼をいただければ幸いです。

オンライン授業を実際に行ってみると、小中学生の学習にはまだまだ課題があると感じます。我々の使用する機器の性能や受講する端末機の差異、システムの限界など環境が整えば授業の中心にできる可能性は感じるものの現在では難しいと言わざるを得ません、イーグル学院では今後も教室での対面授業を中心としていきたいと思いますが、もちろん生徒の安全が最優先です。これからも緊急時対応のメイン手段としてオンライン授業を研究をしてまいります。

今後もその時に最も適する方法で生徒の安全と学習を守りたいと存じます。ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

イーグル学院  代表 安久津 聡