イーグル学院の特徴

イーグル学びのポイント

イーグル学院は地域密着型の少数集団形式の学習塾です。

学校の成績を上げ、第一志望校に合格するため、イーグル学院の学習サイクルがあります。基礎基本を何よりも大切に、理解を徹底し、応用力につなげるためには、塾・家庭・学校での学習サイクルが大切です。

イーグル学びのサイクル

宿題はしっかり

授業で学んだことを定着させるために、宿題は必ず出します。塾と家庭と学校の学習のサイクルを作り上げることで、記憶の定着を促します。基本問題を中心に、しっかりと基礎基本を作り上げます。

小テストで理解度把握。

授業のはじめに約10分間程度の小テストを行います。小テストによって生徒それぞれの理解度を把握します。また、生徒は自分が何を理解していないのかを発見する機会になります。

学校+αの演習

中学3年生はもちろん、中学2年生・1年生も受験を意識した問題にも取り組みます。学校の授業よりも少し応用的な問題にもチャレンジします。応用問題は難しい問題ではありません。基本問題の複合問題。しっかり基本ができていれば解けます。

梅郷教室 ラプラス 愛宕教室