光英VERITAS中学校・高等学校へ行ってきました

こんにちは
イーグル学院です。

先日、光英VERITAS(ヴェリタス)中学校・高等学校の説明会に参加してきました。
聞いたことがない方もいらっしゃるかと思いますが、「聖徳女子校」という名前は聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?
今年度より共学校となり名前が「光英VERITAS」となりました。
それに伴い、音楽科の募集はなくなり普通科のみとなっています。(取手聖徳女子高は音楽科の募集もしています。)
現在、中学1年生と高校1年生が共学でそれ以外の学年は女子のみという構成です。
制服もセーラー服からグレーのブレザーに変更となっています。

今年度は入学者も増え、中・高共に男子が約4割弱、女子が約5割強という割合でした。
公式野球部やサッカー部も始動し、野球部は28名、サッカー部は12名と人数を集めていて、特に野球部は公式大会に向けて頑張っているようです。(当塾からも入学しています。)

もちろん部活だけではなく勉強にも力を入れており、ICTを活用した学習や放課後学習も行っています。
聖徳大学や聖徳短大へ2~3割が内部進学しますが、他大学へも6割ほど進学し、国公立大やGMARCHと呼ばれる難関校の合格も年々増えています。
また、聖徳女子校で行われていた小笠原流礼法教育もそのまま残っており、礼儀作法もしっかりと身につけられます。

今回少しだけ昼休みにカフェテリアで生徒を見ることができましたが、落ち着いた学校生活が送れているという印象を持ちました。
今までは女子ならではのメニューだったところも男子が入ってきたことにより、ご飯の大盛りや揚げ物もありました。
コロナ対策からか、ご飯は先にサイズを申告しそのサイズの食器を置くと自動でご飯が出てくる(!)機械やお味噌汁は3種類の味噌を選んでボタン一つで味噌汁が出てくる装置があり、びっくりしました(笑)

野田から通学するとなると松戸よりバス20分なので少し距離はありますが、気になった方は一度説明会に参加してみてください!
光英VERITAS中学校・高等学校のHPはこちら

昨年はコロナの関係で塾対象の学校説明会が軒並みオンラインや中止となり生徒の様子が見られませんでしたが、今年は実施する学校がありますので私たちもできるだけ参加して、学校での生徒の様子や授業、コロナ対策などを見させていただこうと思います。