中央学院高校へ行ってきました

先日は中央学院高校の説明会に参加してきました。
系列の中央学院大学は箱根駅伝にも出場しているので名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
高校はJR天王台駅または湖北駅からバスになりますが、野田から通うのであれば天王台になることでしょう。
少し遠いですが、当塾からも卒業生が通っています。
昨年創立50周年でした。

 今年度の入試結果

今回は単願者が200名を超えていたようで、今まで初めてとのことでした。
コロナでの休校期間の公立と私立の対応や、千葉県公立の入試1本化、私立高等学校授業料の実質無償化の影響があると思われますが、他の私立高校がある中でこの学校を単願にするということは、それだけ受験者にとって魅力がある学校だったと言えるでしょう。

 学力向上のために

入学した1年生にいかに家庭学習をさせるか?ということで

  • スタディサポートアプリの導入
  • 家庭学習用カリキュラムを作成して生徒に渡す

このような取り組みをしているそう。
他にも…代ゼミサテライン(テキスト代のみ)を入れていたり、 補習・期間講習(S特進クラスは必修)
などを実施しているそうです。

 大学進学は…

昨年度の大学・短大進学率は78.5%でした。
大学進学234名のうち40名が中央学院大学へ進学していて、例年同じくらいいるそうです。
系列校ということで、中央学院大学の併願受験ができるので利用者も多いようです。

大学も専門学校も介護や看護・動物系の学部や専門学校へ進学する人が多いとの事でした。

 高校入試は…

それぞれのコースのA/B/C/S特進 選抜はそれぞれ出願基準があります。(一般入試は出願基準はありません。)
共通するのは、「評定に1がないこと」「欠席が3年間で30日以内」ということです。
特に一般入試でも欠席日数は気にされているようです。

A選抜(単願)とC選抜(スポーツ単願)は面接のみ
B選抜(併願)は3科目受験で高得点2科目で判定
S特進選抜(単願・併願)は3科目受験+面接
とそれぞれ異なります。

S特進について

国公立・難関私立を目指すコースです。
中央学院で唯一5教科7科目(国公立大学受験の場合基本的にこの試験科目となる)を勉強するコースだそうです。
私立大学でも近年多科目受験型が増加していますので、そちらでも選択肢がふえますね。
学校内でも受験サポートをしており、先生方が是非S特進コースに挑戦してほしい!とおっしゃっていました。
前期S特進選抜で不合格の場合でも進学コースで合格する場合もあります(スライド合格制度)ので、国公立を目指したい!という方は挑戦しても良いのではないでしょうか?

 

他にも色々お話を伺ってきましたので、気になる方は講師に聞いてくださいね。
ホームページもご覧ください。