開智高等学校の学校説明会に行ってきました。

%e9%96%8b%e6%99%ba%e9%ab%98%e7%ad%89%e5%ad%a6%e6%a0%a1

こんにちは!イーグル学院です。
開智中学校・高等学校の学校説明会に行ってきました。

アクティブラーニングへの取り組み

アクティブラーニングとは、一方向的な授業で知識を詰め込むスタイルではなく、グループ活動等を活用した体験型の学習スタイルです。参加者はリアルな教材をもとに受講生はグループに分かれて課題にどう対応すべきかを議論することで、一人では思いつかなかった視点や考え方に気づくなど有意義な学修体験が可能となります。

開智では「探求」ということで、20年前からアクティブ・ラーニングに準ずるものを行ってきたそうです。
ですから特別に何かアクティブラーニングに向けて変えるということはしないそうです。

アクティブラーニングをやってきたからこそ分かる問題点。

生徒主体・グループディスカッション・参加型。
アクティブラーニングは、想像力や発信力を高めていくためにとても大切なことです。
しかし参加し、発信していくためには「確かな知識の蓄積」がなければ、発信することはできません。

つまり、従来のように知識を体系的に整理して頭の中に入れることは大切で、さらにそこから発信力をつけるべきであるということだそうです。

昨年からの変更点

特待生の名称が変わりました。

(従来)→(これから) 
T特待→廃止
S特待→1号特待
A特待→2号特待
準特待→準特待

※T特待生(3年間特待生)はなくなりました。特待生制度など詳しくは、学校にお問い合わせ下さい。、

内申点は1学期のものを見ます。

個別相談の時に必要な資料は「1学期or前期」の資料となります。
中学3年生のもの(9教科)で判断します。
また、7月~12月までの北辰テスト、または別の模擬テストの偏差値が必要です。

行ってみて・感じてみよう。

入試説明会や・個別相談等が始まります。
日程をチェックして、一度行ってみることをおすすめします。
個別相談はHPから予約制となっているのでお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です